<< PREV  |  MENU  |  NEXT >>
MCF LAB / 1− MCFラボ・オープン
2020年は世界的に悲しい状況になり、感染予防のために自宅で過ごすことが多くなりました。しかしこんな時にしかできないことをやろうと思い立ち、2021年1月に新たな鯉釣り情報発信拠点を開設することにしました。拠点の名は「MCF LAB(ラボ)」。ラボとは研究室の意味。鯉釣りの楽しみについて、あらゆる角度から探求し続けることを目指しています。
 
「ラボを開設するなら何か象徴的なオブジェが欲しいなぁ」と思い、さっそく作ったのがこれです。木製のアルファベットオブジェに水性ペイントで塗装しました。ペイントも含めて百均商品を使っています。(シンボルの割には安く上げました 笑)
ではラボの室内をざっくりと紹介します。
 
ラボに入って右岸の風景がこれです。こちらはタックルや各種グッズをディスプレイしています。これまでは使わない時に倉庫などに押し込んでいたのですが、基本的に「見て楽しい!触って楽しい!」をコンセプトに展示してみました。ここに登場しないタックル類は今も倉庫に眠ったままになっていますが、不定期に入れ替えをしようと思っています。
 
左岸の風景です。こちらは釣りや自然に関する情報と先人たちの知恵が集められています。最近は電子書籍を利用することが多くなりましたが、それ以前に購入した書籍を保管しています。ウェブサイトのコンテンツ「BOOKS」に載っている書籍や各種記事の参考文献はなるべく処分しないでここに保管しています。
 
ラボの中央にラウンドテーブルを置いています。パソコン作業はここでしますが、その時々の編集内容やその日の気分によって座る方向を変えています。ふと目をあげた時、その先に好きなものがあることは至上の充実感を与えてくれます。このテーブルは東京都大田区にセカンドハウスを構えていた時から使っているもので、自分としてはかなり愛着があります。ラボ内の作業に応じて簡単に移動することもできます。
 

ラボのオープンに向けて、照明を新しくしました。ラボの流心に沿ってLED電球が4灯並んでいて、1灯ずつ方向を変えられます。少し明るさを抑えた方が好きなのでこれにしましたが、作業によってはしっかりと明るくしたいこともあるので、6灯タイプの方がよかったかもしれません。気に入ったフロアスタンドなど見つかれば追加したいと思います。
 
次回からは個別の詳しい紹介をします。

2021/1/24
<< PREV  |  MENU  |  NEXT >>