<< PREV  |  MENU  |  NEXT >>

第60回 2019/9/27-29 霞ヶ浦

参加者3名:並継のこぶちゃん、やすこさん、miO
2年ぶりに霞ヶ浦でオフ会を開催した。幸先よくこぶちゃんのセンサーが鳴ったものの、ナマズがスレ当たり。翌日の朝を迎え、重量感たっぷりのアオウオがmiOの竿を絞り込んでナイスファイト! 数十分後再びmiOにアオウオが掛かるものの、腕の筋肉が回復しないままぎこちなく挑んですっぽ抜け。2夜とも料理長こぶちゃんのもと炭火を囲んで充実のオフ会となった。

 

2年ぶりの水郷オフ会を霞ヶ浦で開催しました。先着はいつも通り並継のこぶちゃんとやすこさん夫妻、そしてmiOはお昼過ぎに到着しました。快晴微風で、久々に見る霞ヶ浦はおだやかに私たちを迎えてくれました。
 
miOがセッティングを終えて一息ついた頃、こぶちゃんのセンサーがON! やすこさんと共に背後のあぜ道にいたこぶちゃんは慌てて竿に向かって最短距離を駆け足。ところが最後の水路で渡るところがないことに気がつき、思い切って久々のジャンプ!着地のときに前につんのめってしまいましたが無事に渡ることができました。竿に駆け寄るとなんか当たり方がおかしい。嫌な予感の中リールを巻くと上がって来たのは立派なひげのナマズでした。どうやらスレ当たりだったようです。miOに駆け足で知らせに来てくれたやすこさんも、ナマズとのご対面にとても残念そう。
 

その後当たりがないまま夕方になり、料理長こぶちゃんがバーベキューをはじめました。松茸と牛肉を皮切りに数々の食材が網の上に乗り、次々と三人のお腹に入っていきます。いくつになってもバーベキューは楽しい!今までのオフ会の思い出話や今回にかける意気込みなど釣り談義の後、やすこさんが星いっぱいの夜空を見上げて双眼鏡ですばるを見つけて大喜び。夜遅くまでゆったりとした時間を過ごしました。そしてシメは具材たっぷりの焼きそば。お腹もこころも大満足。あとは大物がかかるのを待つだけです。湖面は適度に波立ち、あちらこちらで魚が跳ねる音が聞こえます。余分な発信機を1台交換し、夜中に当たりがあったときにお互い呼び出せるように準備しました。
 

快晴の2日目の朝を迎えました。昨夜は三人とも当たりがありませんでしたが、朝日にきらめく湖面を眺めながら飲むコーヒーはいつもながら格別の味がします。なんて素晴らしい瞬間でしょうか。朝食後しばらく写真撮影をしながら当たりを待ちます。
 
そして7時半頃、ついにmiOのクリックが響きました。カメラをクルマに置きに行き、タモを持って竿に駆け寄ります。最初のクリックとそのあとの穂先のフワフワ感からアオウオの予感。一気に竿をあおり重量感を確認します。リールを巻く途中に時折首を振る感触はまさにアオウオです。やりとりを見てこぶちゃん夫妻が駆けつけてくれます。
 
ラインのテンションをなるべく一定に保ちながら慎重に巻き上げますが、岸に寄るたびに一気にラインが持って行かれます。ここで無理をするとばらすことがあるため、ここからはアオウオの体力を消耗させるための持久戦。久々の重量感に自分の腕が痺れてきます。気がつくと後ろに数人のギャラリー。いよいよ色んなプレッシャーがかかる中、次第にアオウオが横たわる気配。
miO:「じゃ、次に浮かせたときにタモお願い」
こぶちゃん:「ウワー、入りきらない!」
アオウオは横たわったまま無事にタモに納まり二人で渾身の力を振り絞ってランディング。
「でかい、でかい!」カープマットをふたつ並べてアンフッキング。額からボタボタ汗が落ちながらも嬉しい記念撮影。フォトグラファーやすこさんが会心のショットをおさえてくれました。
 

リリース後、水中にゆったりと消えて行くのを見届けてからコンビニに買い物に向かいました。クルマのエアコンで次第に汗がひいていきますが、まだ感情が高ぶったままです。祝杯代わりの「午後の紅茶」を3本買って急いで釣り場へ。
 
戻ってまもなく、再びmiOに当たり。竿を持つ左腕がさっきのダメージから回復していません。アオウオなのは間違いないのですが、さっきよりも重く感じるのは本当に大物が来たのか、腕がそう感じさせているのかがわかりません。とにかくはじめての状況なので、自分の体力の消耗をおさえながら寄せようとぎこちなくやりとりしている途中、痛恨のすっぽ抜け。まるでこっちの雑なやりとりを見透かしているかのように首を振った瞬間に抜けてしまいました。幸運ばかり続きません。残念というよりも、「もう腕が無理・・・」という気持ちが強いケースでした。もっと鍛えなければ。
 

この日はそれっきり当たりが途絶えました。霞ヶ浦はもう随分前から鯉の当たりが激減し、当たればアオウオという一発大物のギャンブル性が高いフィールドになっています。
 
日中クルマでウトウトしていると、やすこさんが炭火で焼いた焼き芋や、冷たく冷やした梨を届けてくれました。釣り場でこんなのは初めてです。ごちそうさまでした。
 
2日目の夜は鍋料理を楽しみました。「自分の趣味だから・・・」と言いながらいつもこぶちゃんは料理長を買って出てくれます。多趣味な上にどれもこだわりがあり、そのひとつが料理ということでしょう。今日も美味しく頂きました。
 
夜中に一度鯉らしい当たりがmiOにありましたがやりとりの最中にバラしてしまいました。そして最終日の朝を向かえました。前日の当たりの時間まではと竿を出しましたが、当たりがないので9時半に撤収。結局釣果は1本だけに終わってしまいましたが、底知れない大物のキャパを感じさせる霞ヶ浦でした。

<< PREV  |  MENU  |  NEXT >>